ecomo(エコモ)節電なら地球温暖化対策とCO2削減が可能~2~

前回の記事2のおさらいを簡単にしておきます。
産業革命から起こっている電気使用量の増加に伴い、発電の中でも特に主流である火力発電が盛んに行われてきました。さらに二酸化炭素を酸素に変えてくれる多くの木を切り倒してきました。その結果、二酸化炭素の増加によって温室効果ガスが増加し、地球温暖化が進行してきました。そして地球温暖化が進行した時に起こる深刻な被害を防ぐために、電気使用量を削減する省エネがとても重要な役割を担っています。そこを踏まえた上で今回は以下のことを説明していきたいと思います。

1.地球温暖化の対策
2.節電対策について~次世代節電対策ecomo~

1.地球温暖化の対策

日本経済を支えているのは私たち国民一人ひとりです。温暖化を防止するためには、私たちの生活様式や意識を変革し、社会を省エネに導くことがとても重要となります。できるだけ不要なものを買わず、ものを大切に使い、再利用やリサイクルを心がけることは大変重要なことです。また、節電をしたり、外出時の車利用を公共機関や自転車に切り替えたりする工夫も必要です。太陽光パネルを設置したり、自然エネルギーを取り入れたりと、エネルギーを創ることも積極的に取り入れるといいでしょう。
生活の中でできるかぎり資源・エネルギーの無駄使いを排除し、再利用やリサイクルを推進していくことが、循環型社会・低炭素社会を構築し地球温暖化を防止する基本となります。日本における温室効果ガスの増加の原因は産業活動が原因と言われています。とりわけ二酸化炭素の排出にはエネルギー需要に左右されています。そのため産業界における省エネやエネルギー転換を徹底して行わなければなりません。

2. 節電対策について~次世代節電対策ecomo~

前述した通り、産業界における企業や工場での節電やエネルギー転換を徹底して行うことは省エネや電力量削減において必要不可欠です。そんな中おすすめなのが、次世代節電対策ecomo(エコモ)です。ecomoとは、ecomoから発生する自由電気が電流の流れを潤滑にし、電力ロスを10%削減します。そのため、電気使用量が下がるため、電気代の削減につながります。取り付けは、分電盤ブレーカー部分に10分程度で取り付け可能です。そのため、電気を多く使う機会をお持ちの工場や空調やエレベーターなどがある自社ビルをお持ちの方、コンビニ・スーパー・商業施設・遊戯施設、とにかく電気代が多くかかってしまう方などにおすすめです。

エコモホームページ
http://ecomo.website/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 航空会社にとって安全性と保安は重要ですが、顧客満足度を向上させることは、企業間競争という観点から大変…
  2. 前回の記事2のおさらいを簡単にしておきます。産業革命から起こっている電気使用量の増加に伴い、発電の中…
  3. エス&ケイ(株)は本社が東京にあり、そのほかにも全国に支店があるため、多くの社員が働いている会社です…
ページ上部へ戻る